2022年08月12日

2022年7月の電力使用量(料金ベース)は、2020年比−24.6%。北海道再生可能エネルギー100%を目指せ!(114)


こんにちは、エスカルジュニア(夫)です。

北海道再生可能エネルギー100%実現」にむけて、提案している以上は、節電へ積極的に参画していく必要がある。
ということで、毎月、電力使用量(電気料金ベース)を基準年(2020年と2016年)比で書いています。
セミリタイア夫婦の2022年7月の電力使用量(電気料金ベース)

●7月の電力使用量(電気料金ベース)

2020年(札幌移住後)7月比:−24.6%
2016年(首都圏居住時)7月比:−76.6%

●7月までの2022年累計電力使用量(電気料金ベース)

2020年1月から7月累計比:−28.6%
2016年1月から7月累計比:−66.6%

◎2022年節電目標(2020年比:−12.5%

「北海道再生可能エネルギー100%実現」のためには、2019年時点から37.5%分、節電技術、節電意識、人口減による電力需要減により減らす必要があります。

37.5%をこの3カテゴリー(1:節電技術、2:節電意識、3:人口減少による電力需要減少)で均等に割り振ると、それぞれ12.5%。

この3カテゴリーの内、個人で対応可能な「2:節電意識」についてフォーカスしていきたいと思います。

なので、エスカルジュニア個人においても、「節電意識」による、電力需要減少目標を12.5%とします。

(電気料金ベースでの過去の成果) 2021年⇒2020年比−16.3%(節電目標−12.5%達成)、2016年比−67.4% 
  

7月は、電力使用量では、2020年比−42.4%だったのですが、電気料金では、−24.6%でした。

現在、電力会社は、楽天電気を利用していますが、6月から電力単価を値上げしています。

なので、前年比でみると、電気料金と電力使用量との間で差がひろがっています。

このままだと、2022年節電目標の2020年比−12.5%が厳しくなりそうなので、電力会社の変更を検討中です。


〇これまでの記事







〇節電に役立つツール



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

2022年08月11日

ふと、何気なく、東の空をみたら、朝は明けの明星、夕方は虹に出会うことができました。


こんにちは、エスカルジュニア(夫)です。

札幌の空、日中の青い空も、夕焼けも美しい。
特に好きなのが、夜明け前後の空。
太陽が顔を出しはじめる頃、光が雲にあたり、様々な色が現れる。
その様子を見たいため、毎朝、日の出前後となる4時頃に起きて、空の様子をチェック。
今朝も空の様子をチェックしたところ、晴れていて雲がほとんどなかったので、雲に光があたる景色はみられないかなと・・・。
ふと、何気なく、東の空をみると星が。

E18202A7-C701-42A5-9EA7-B6F42680D959.png

明けの明星?
まだ太陽が昇る前の雲のない空の中で、とても明るく輝いていました。
発見してから約20分、太陽がでてきて、やがて見えなくなってしまいました。

そして、今度は、夕方。
夕焼けが美しかったので、眺めていました。
ふと、何気なく、東の空をみると今度は、虹が。

56B018C5-2149-4784-A2EB-0C2570C89F6F.png

朝の金星とほぼ同じ位置で虹が姿を現していました。
夕焼けと虹のセットは珍しい。

今日は、ふと、何気なく、東の空をみたら、朝は明けの明星、夕方は虹に出会うことができました。


〇これまでの記事







〇節電に役立つツール



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

posted by SJ at 20:11| Comment(0) | 〇札幌移住

2022年07月17日

2022年6月の電力使用量(料金ベース)は、2020年比−78.0%。北海道再生可能エネルギー100%を目指せ!(113)


こんにちは、エスカルジュニア(夫)です。

北海道再生可能エネルギー100%実現」にむけて、提案している以上は、節電へ積極的に参画していく必要がある。
ということで、毎月、電力使用量(電気料金ベース)を基準年(2020年と2016年)比で書いています。

5月中旬から6月下旬にかけて帰省していました。
そのため、4月〜6月分の電力使用量について、順次、記録しています。
今回は、6月分。

セミリタイア夫婦の2022年6月の電力使用量(電気料金ベース)

●6月の電力使用量(電気料金ベース)

2020年(札幌移住後)6月比:−78.0%
2016年(首都圏居住時)6月比:−90.7%

●6月までの2022年累計電力使用量(電気料金ベース)

2020年1月から6月累計比:−29.1%
2016年1月から6月累計比:−64.4%

◎2022年節電目標(2020年比:−12.5%
「北海道再生可能エネルギー100%実現」のためには、2019年時点から37.5%分、節電技術、節電意識、人口減による電力需要減により減らす必要があります。

37.5%をこの3カテゴリー(1:節電技術、2:節電意識、3:人口減少による電力需要減少)で均等に割り振ると、それぞれ12.5%。
この3カテゴリーの内、個人で対応可能な「2:節電意識」についてフォーカスしていきたいと思います。
なので、エスカルジュニア個人においても、「節電意識」による、電力需要減少目標を12.5%とします。
(電気料金ベースでの過去の成果) 2021年⇒2020年比−16.3%(節電目標−12.5%達成)、2016年比−67.4% 
  
6月は、電力使用量では、2020年比−80.3%だったのですが、電気料金では、−78.0%でした。

6月下旬まで帰省していたため、電力使用量少なめでした。
帰省期間中、電力使用量のほとんどが冷蔵庫によるものと思われます。


〇これまでの記事







〇節電に役立つツール



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ


2022年07月15日

2022年5月の電力使用量(料金ベース)は、2020年比−36.4%。北海道再生可能エネルギー100%を目指せ!(112)

こんにちは、エスカルジュニア(夫)です。

北海道再生可能エネルギー100%実現」にむけて、提案している以上は、節電へ積極的に参画していく必要がある。
ということで、毎月、電力使用量(電気料金ベース)を基準年(2020年と2016年)比で書いています。

5月中旬から6月下旬にかけて帰省していました。
そのため、4月〜6月分の電力使用量について、順次、記録していきたいと思います。
今回は、5月分。

セミリタイア夫婦の2022年5月の電力使用量(電気料金ベース)

●5月の電力使用量(電気料金ベース)

2020年(札幌移住後)5月比:−36.4%
2016年(首都圏居住時)5月比:−65.5%

●5月までの2022年累計電力使用量(電気料金ベース)

2020年1月から5月累計比:−21.4%
2016年1月から5月累計比:−59.2%

◎2022年節電目標(2020年比:−12.5%
「北海道再生可能エネルギー100%実現」のためには、2019年時点から37.5%分、節電技術、節電意識、人口減による電力需要減により減らす必要があります。

37.5%をこの3カテゴリー(1:節電技術、2:節電意識、3:人口減少による電力需要減少)で均等に割り振ると、それぞれ12.5%。
この3カテゴリーの内、個人で対応可能な「2:節電意識」についてフォーカスしていきたいと思います。
なので、エスカルジュニア個人においても、「節電意識」による、電力需要減少目標を12.5%とします。

(電気料金ベースでの過去の成果) 2021年⇒2020年比−16.3%(節電目標−12.5%達成)、2016年比−67.4% 
  
5月は、電力使用量では、2020年比−42.5%だったのですが、電気料金では、−36.4%でした。


〇これまでの記事







〇節電に役立つツール



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

2022年07月14日

2022年4月の電力使用量(料金ベース)は、2020年比−24.7%。北海道再生可能エネルギー100%を目指せ!(111)

こんにちは、エスカルジュニア(夫)です。

北海道再生可能エネルギー100%実現」にむけて、提案している以上は、節電へ積極的に参画していく必要がある。
ということで、毎月、電力使用量(電気料金ベース)を基準年(2020年と2016年)比で書いています。

5月中旬から6月下旬にかけて帰省していました。
そのため、4月〜6月分の電力使用量について、順次、記録していきたいと思います。
今回は、4月分。

セミリタイア夫婦の2022年4月の電力使用量(電気料金ベース)

●4月の電力使用量(電気料金ベース)
2020年(札幌移住後)4月比:−24.7%
2016年(首都圏居住時)4月比:−51.9%

●4月までの2022年累計電力使用量(電気料金ベース)
2020年1月から4月累計比:−17.8%
2016年1月から4月累計比:−57.7%

◎2022年節電目標(2020年比:−12.5%
「北海道再生可能エネルギー100%実現」のためには、2019年時点から37.5%分、節電技術、節電意識、人口減による電力需要減により減らす必要があります。

37.5%をこの3カテゴリー(1:節電技術、2:節電意識、3:人口減少による電力需要減少)で均等に割り振ると、それぞれ12.5%。
この3カテゴリーの内、個人で対応可能な「2:節電意識」についてフォーカスしていきたいと思います。
なので、エスカルジュニア個人においても、「節電意識」による、電力需要減少目標を12.5%とします。

(電気料金ベースでの過去の成果) 2021年⇒2020年比−16.3%(節電目標−12.5%達成)、2016年比−67.4% 
  
4月は、電力使用量では、2020年比−31.8%だったのですが、電気料金では、−24.7%でした。


〇これまでの記事







〇節電に役立つツール



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ