2017年07月17日

富良野メロンに、セコマの北海道バニラアイスクリームをのせました。


おはようございます、ゆなです(^^)


札幌、昨日はすごい雨でした!

雨止んでから、少し外に出ましたが

連日暑かったので、風が気持ちよく

エアコンの中にいるような心地よさでした。


メロンに何か合わせたら美味しいかな?

とふと思い、そういえば

叔母がメロンにソフトクリームのって

いたのを食べて美味しかったと話して

いたなぁと思いだし・・・、

セコマに行き、北海道バニラアイス

クリームを買ってきました!


IMG_20170716_150232.jpg

セコマのバニラアイスクリーム、

道北の豊富町の牛乳使用しています。


濃厚というより、わりとあっさりめな

甘さでした。

普段、市販のアイスクリームは

食べませんが、たまに食べると

美味しい〜(^^)


そして、

富良野メロン×バニラアイスクリーム

を食べました。

IMG_20170716_150158.jpg

お味は・・・合わないわけないですね。

甘さが増して美味しいです♪

でも、なんとなくアイスクリームの

甘さが強くでてしまう気もしました。

私は別々に食べる方が、好きかなと

思いました。

IMG_20170716_200432.jpg

そして、メロンをカットして冷凍室に

入れました!

こちらも楽しみです(*^^*)


最後までお読みいただき、

ありがとうございました。


posted by SJ at 09:13| 〇yunaの忘備録

2017年07月15日

ふらのメロンを食べました。



こんにちは、ゆなです(^^)

札幌、暑いです


ふらのメロン・・・先日から、

食べ頃を待っていました。

IMG_20170711_095427.jpg

重さ量ったら・・・1個あたり2キロ

以上ありました!

IMG_20170715_103802.jpg

IMG_20170715_103718.jpg

ツルが少し枯れること&メロンの

底の部分の香りを嗅いで、甘く

香っていたら食べ頃の目安に

しています。


今回は・・・ほんのちょっと早かった

みたい(^^;

実家では食べ頃だったみたい

だから、札幌との気候差かな

IMG_20170715_095452.jpg

IMG_20170715_095422.jpg

それでも、十分甘く、美味しく

いただきました(^^)

もうひとつある、メロン。

来週まで待とうかな♡


最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 
posted by SJ at 11:51| 〇yunaの忘備録

2017年07月12日

富良野産とうもろこし「雪の妖精」を食べました。


おはようございます、ゆなです(^^)

札幌、最近暑くなりました!

日中は半袖が着れるようになり、 

嬉しいです。


先日、両親から富良野メロンが届きました!

20170711_105531-COLLAGE.jpg

首都圏にいた頃は、実家に届いた

メロンをもらっていたのですが、

札幌にいる今は取りに行けないので、

今年はいらないよと話していたら

・・・送ってくれました。

やっぱり嬉しいですね(*^^*)


その時に、富良野のとうもろこしも

一本入ってました。


雪の妖精という品種のとうもろこしです。

IMG_20170711_095553.jpg


とうもろこしに、目がない主人は

今すぐ食べたいと言い・・・

ハイ、すぐに蒸しました(笑)


ビタクラフトの鍋に薄〜く水を入れ、

とうもろこしも入れて、蓋をして

沸騰したら弱火で1分→裏がえして

弱火で1分→更に火を止めて1分

蒸しました。


とうもろこしによっては、もう少し長く

加熱したりもしますが、(雪の妖精は

生でもいただけるようですが)この位で

歯応えもちょうどよかったです。

IMG_20170711_101004.jpg

爽やかな甘さで、本当にデザートの

ような美味しさでした。

シンプルに、旬の美味しさが味わえました♡


道産とうもろこしが、沢山店頭に並んだ

ら・・・とうもろこしご飯、

やきとうもろこし、とうもろこしの

かき揚げなど色々食べたいなぁ(*^^*)


メロンは食べ頃になったら、

美味しくいただいきたいと思います。


最後までお読みいただき、

ありがとうございました。


posted by SJ at 08:41| 〇yunaの忘備録

2017年07月11日

札幌の季節の「切りかわり」のはやさに驚いています。


こんにちは、セミリタイア夫婦(夫)です。

「1892年以来、125年ぶりに札幌では

7月上旬の時点で真夏日が3日続いている」


2日前にようやく夏物に衣替えしました。

日本で一番暑いといわれている、

熊谷近郊で倉庫を借りて、

真夏にも仕事をしていたので、

どうやら暑さには、慣れてしまっているようです。

そのため、今のところ、まだ、

耐えられないほどの暑さではありません。



しかし、驚いているのは、暑さそのものというより、

その移り変わりのはやさ。

夏物に衣替えする前は、

7月にもかかわらず、まだ、室内着は、フリース

布団は羽毛布団といった状態でした。

夏はいつ来るのだろうかと。

ところが、この数日で

春から一気に真夏に突入した感じ。


4月に、札幌に来た時にも

同じような感じがありました。

木々は、まだ丸裸の状態だったのですが、

ほんの少しの間に緑に覆われていました。


季節の移り変わりが

まるで舞台のセットの入れ替わりのようにスピーディー。

はたして、夏から秋も一気に変わるのか。

次のセットはどんな風に入れ替わるんだろう。

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。

posted by SJ at 07:35| 〇札幌移住

2017年07月03日

札幌で地震。揺れで目を覚ましました。



こんにちは、

セミリタイア夫婦(夫)です。

1日の夜、北海道で震度5弱の地震が

あり、札幌も、揺れました。


発生したときは、すでに寝ていたのですが、

地震で目を覚ましました。

地震の起きている時間は短かったのですが、

札幌では、あまり大きな地震はないと

いわれていたので、驚きました。


東日本大震災を思い出します。


九州でも近い時間に地震があったので、

地震への備えは日本のどこに

住んでいても必要ですね。

首都圏に住んでいた時には、

災害に対する対応については考えていたのですが、

今回の地震をきっかけに

札幌の今の住まいにおける災害への対応について

急ぎ考えてみたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとう

ございました。


posted by SJ at 09:43| 〇札幌移住

2017年07月02日

「平和の象徴」に小窓から退去してもらうことに成功。


こんにちは、セミリタイア夫婦(夫)です。

「平和の象徴」に小窓から退去してもらおうと

悪戦苦闘するものの

有効な手段がなかなかない。

ネットで検索すると、まだ試していない方法を発見。

それは、

「平和の象徴」は磁石が嫌いらしい

というもの。

なかなか怪しい説のように感じるものの

「わらにもすがる思い」で、

この案を試してみることにしました。

どうせなら「平和の象徴」にインパクトが

あったほうがいいだろうということで、

家中の磁石を集めることにしました。

だんだんおかしな行動にむかっていないか。


日中は、「平和の象徴」は外出しているので、

その間に

集めた磁石を一斉に、

いつも「平和の象徴」のとまっている

小窓にくっつけておいてみました。



すると、その日の夜から姿を現しませんでした。

居心地が悪くなったのかもしれません。

ようやくあきらめてくれたようです。

総力を出し切って

「平和の象徴」に小窓から

退去してもらうことに成功しました。


この怪しい磁石作戦に効果があるのは

たまたま、このハトだけなのか、

すべてのハトに有効なのかはわかりません。

(あるいは、他にもっと暮らしやすい場所を

見つけたのかもしれません)

妻は、夫の頼もしさを感じたハズです。

マンションの劣化を防ぐこともできました。

ただ、少し寂しい感じもします。


最後まで読んでいただきありがとう

ございました。

posted by SJ at 09:56| 〇札幌移住

2017年07月01日

「平和の象徴」に押される人類代表。



こんにちは、セミリタイア夫婦(夫)です。

人類の知見を駆使して、穏便に

「平和の象徴」に小窓から退去して

いただこうとしたものの、

かえって、「平和の象徴に」

もてあそばれてしまっている感

強くなってきました。


このままでは、

人類代表としての沽券にかかわると

さらにいろいろ調べてみる。


「平和の象徴」は

帰巣本能が強いらしく、

まず、フンをすることからはじまり

居心地がよくなると

巣をつくったりするようになるらしい。

「平和の象徴」の顔をみてみると

なんとなく居心地のよさそうな顔を

しているようにも見えてくる。

なんとか、「平和の象徴」に

居心地悪くなってもらわなければ・・・。


まずは、相手を知ろうと。

「平和の象徴」をじっくり眺めてみる。

そうすると、気が付いたことが。


「平和の象徴」の脚に輪がついている

どうやら、飼われていたよう。


調べると「伝書鳩」や「レース鳩」か?

どうりで、人類の知見を上回る知能。

人懐っこい性格、そして品のある姿。


北海道では、レース鳩の大会もあるようで、

迷ってしまったのかも。

1000km位離れたところへまでも

戻っていくという

そのけなげさ。

(今は、逆にその帰巣本能が怖い)


ただ、調べていくうちに不思議なもので

だんだんと、このまま品のある

「平和の象徴」に小窓に入居していて

もらってもいいような気にもなってくる。


マズイ、マズイ。


最後まで読んでいただきありがとう

ございました。


posted by SJ at 09:40| 〇札幌移住