2021年06月23日

北海道産の有機野菜が増えてきました。

こんにちは、エスカルジュニア(夫)です。

だんだんと、北海道産の有機野菜が増えてきました。

アスパラ、水菜、小松菜、ほうれん草、カブ、キュウリ、トマト等といった道産有機野菜が店頭に並び始めています。
冬は、自然と道産以外の有機野菜を買うことが多くなってしまうので、新鮮な道産のものがでてきてうれしいです。

有機野菜一般にいえることですが、野菜自身の味がしっかりでているので、調理と味付けは最小限でも、とってもおいしい。
かえって素材の美味しさを味わうために、シンプルな味付けが多くなっています。

最近では、水菜がおいしくて、有機アマニオイルとぬちまーすの塩だけで毎日ムシャムシャたべています。

〇節電に役立つツール



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)我が家の「食」の考え方については、こちらでかいています。


2021年06月22日

春から夏が旬の時鮭(ときしらず)で、今年は、炊き込みごはん。

こんにちは、エスカルジュニア(夫)です。

通常の鮭の旬は秋鮭の名のとおり秋。
一方、時鮭(ときしらず)の旬は、春〜夏。

まさに今が旬。

ロシアで生まれ、回遊中に北海道周辺で獲れた鮭のようです。
産卵前の状態で獲れるため、身の方に脂が乗っていて、柔らかいといわれています。
時鮭は、去年とても美味しくいただいたので、今年もいただきます。

今年は、炊き込みごはんにすることにしました。

有機の白老町のシイタケと無農薬の宮崎の人参を加えて、ビタクラフト鍋で炊いた時鮭(ときしらず)の炊き込みごはん。

9E1DCFCC-697B-4AA5-9EE9-8D16D0239566.jpeg

0B95200B-3C06-4506-B31D-F0829511EEE4.jpeg

時鮭、柔らかい〜。

驚くほど、鮭がふっくらしていて、美味しい。

炊き込みごはん好きの妻がおかわり申請。
作り甲斐がありました。

ご飯炊きは、いつも、ル・クルーゼ鍋ですが、炊き込みごはんをつくるときは、ビタクラフト鍋で。
鮭は、ビタミンDが豊富で、また、オメガ3脂肪酸のEPAやDHAが摂れるのもうれしい。

〇節電に役立つツール



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)我が家の「食」の考え方については、こちらでかいています。

2021年06月07日

旬のアスパラガスを今年も食べました。

こんにちは、yunaです^_^
旬のアスパラが美味しい季節です。

今年も何度か食べていますが、その中でも

美味しかった厚田ファームさんの有機

アスパラガスでお昼ごはんを作りました。


D98B59F8-B7ED-4670-BB90-9C8DD88CC4D7.jpeg

7491D3CB-8779-48FD-B12F-B8D41405EF39.jpeg

アスパラ、甘くてシャキシャキです♡

D3AC0BEE-8DB7-4A3A-9E5F-829D00961258.jpeg


九州から取り寄せている大分産の豚肩ロース

のお肉を使って、粗糖少々、三河本みりん、

有機濃口醤油を煮詰めたタレを絡めて丼に

しました。主人がお菓子作りの為に買った

有機レモンの残りをスライスしたものを

添えましたが、豚肉にもアスパラにも合い、

サッパリして美味しかったです。

AAD8579C-B25D-4CAD-AEDB-912D473EBD33.jpeg

あとは、有機野菜で作った浅漬けと

作り置きのごぼうのしぐれ煮。

そして、主人が昨日の晩ごはんに作って

くれた大根とわかめのお味噌汁の残りを

食べました。

ごはんは、主人がル・クルーゼの鍋で毎日

炊いてくれるようになってから1年くらいに

なるかなぁ?

今では私が炊くより美味しい(笑)

そんな主人が、今お味噌汁作りに興味を

持ち始めました。

もちろん、私は大賛成^_^


最後までお読みいただき、

ありがとうございました。





2021年06月03日

レアチーズケーキを妻が食べた後、首を傾げたワケとは?


こんにちは、エスカルジュニア(夫)です。

久々にレアチーズケーキをつくろうと思い立ち、
ならば、自家製ヨーグルトを使って作ろう。
さらに、折角だから、生レモンを絞ろう。
たまには、ビスケットもレアチーズの下にひいてみよう。
ということで、いつも以上にやる気満々で、レアチーズケーキ作りをすることに。
妻は、有機の生レモンがあるなら、レモンパンケーキを焼きたいということで、二人同時に別々のケーキづくり。

6E0BBAD3-8FCB-4F96-9477-00FA5B62D602.jpeg

306D8FED-73E1-49BA-9D25-87792D4BB9C6.jpeg

3B5C493A-25DC-495F-B98F-CC69AAEC244E.jpeg

CC89EAB0-0174-4C73-8CAA-87CF3F51D2CC.jpeg

レアチーズケーキができあがって、一口食べてみたところ、
いつもより酸味が強くでているのを感じて、「さすが生レモンを使うと違うな」と満足気。
ところが、妻が、一口食べた後、首を傾げて、
「もしかして、あれ入れてないんじゃ?」


「あっ」「砂糖入れ忘れた」
甘さが足りないと思ったのは、酸味が強いからではなく、砂糖が入っていなかったからでした。
今回、たまたまビスケットを入れていたために、その甘さが砂糖不足をカバーしてくれていたようです。
個人的には、甘さ控えめの方が好みなので、この位の甘さも許容範囲内でした。
今回のレアチーズケーキづくりの失敗から学んだのは、ビスケットを入れる場合は、砂糖はなくても大丈夫だということ。
決して失敗の言い訳をしているのではなく・・・。

〇節電に役立つツール



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)我が家の「食」の考え方については、こちらでかいています。