2017年05月30日

自宅の中古マンションは、不動産投資先。


こんにちは、セミリタイア夫婦(夫)です。

これまで、自宅の購入→売却を

繰り返してきていて、

「買う」ことで

居住費をおさえてきました。


それは、購入額以上の額で

売却できたことによります。



自宅といってもすべて

中古マンションですが。


中古マンションを

「買う」ことが

自分の中では

得意技みたいなもの。


今回の引っ越しでは

その得意技を封印するのか?

そこで、もう少し、買う?

について考えてみます。

セミリタイア夫婦(夫)の考える

自宅(中古マンション)を「買う」メリット

として

・税制上有利な点が多い。

(物件による)


・信用がつく。

(銀行、クレヒス、社会)


・フルローン+低金利+長期固定で借りて

さらにキャピタルゲインを得られる物件

ならば、低リスクの長期投資となる。


・インフレリスクのヘッジになる。(かも)

(今後、過剰供給により、空き家増加が

原因で、インフレのヘッジに

ならないかもしれない)


・団信を生命保険がわりにできる。

(必要保障額を計算したうえでの

死亡保険額の減額)


・仮に購入額以上で売却できれば、

実質の家賃は、金利、購入・売却時諸費用、

固定資産税、管理費、修繕積立金、

火災保険料で済むことになる。

(同条件賃貸より有利なことが多い。

居住期間が短かったりすると、不利になる。

それは、購入、売却時諸費用負担が大きく

なるため)



逆にデメリットとして

・生活スタイルの変化、

近隣・周辺環境の変化、

不動産相場の変動に対して

流動性が低いため対応が難しい。

(売るのに時間がかかる)


・中古マンションの場合、

管理については受動的。

(自分でコントールできない)


・中古マンションの場合、

管理組合の理事が持ち回り

で回ってくるところが多いため、

人によっては煩わしい。

(理事になることで、

自宅マンションをよりよくするという

視点に立てばメリットともいえる)


・購入時、登記等費用・仲介手数料等

購入費用がかかるため、

一時的に大きな支出が発生。

・売却時に仲介手数料等の

大きな支出が発生する。


・住宅ローンを組む場合、

ローンに縛られる。

(自由度が低くなる)


・専有部分の設備の修繕費用は自分持ち。

セミリタイア夫婦(夫)にとっての

自宅マンションは、

あくまでも長期投資対象。

そのため、出口にならないと

成功か失敗か分からないため、

不良債権化するリスクをはらんで

います。

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。

(投資は自己責任で♡)


posted by SJ at 09:18| 〇移住ノウハウ