2017年06月09日

札幌への引っ越しで気付いたこと。「もしかして、私が主人を断捨離人間にしてしまった?」


おはようございます、ゆなです(^^)

私は、独身時代から母親の断捨離気質

を受け継いで、「なんでも構わず断捨離」

でした。


結婚して専業主婦になったときも、

雑誌に載っているバック、服、

化粧品などを、毎月百貨店で購入しては、

いつの間にかもういらないと

「なんでも構わず断捨離」をして

いました。

私名義で某百貨店の外商カードも

インビが届き、つくりました。

まだ若かったこともあり、その時は

更に購入していましたね(>_<)


それでも、常に断捨離していた為(笑)

家の中にものが大量に増えた様子は

なかったかなと思います。

だから主人もあまり気に止めずに

いたんじゃないかな。


自営業になったときには、生活が苦しく

なったため、私もかなりの節約を

せざるを得ない状況になりました。


でも、今までのようにものが買えなく

なったにも関わらず、相変わらずの

捨てグセはなかなか消えませんでした。


その後は、自営の大変さに慣れ、

少しずつお金のありがたさ、

ものの大切さに気づきはじめて

「なんでも構わず断捨離」が随分

減りましたが・・・それでも1度

「いらない」と思うとなんとなく

家に置いておきたくなくて、こっそり

実家に持っていって処分してもらって

いました。 


私の場合は、「売る」という選択肢はなく

「あげる」か「捨てる」の2択でした。

お店(雑貨店)をやるようになってから

私の中に「売る」という選択肢も

芽生えてきました。



私は学生時代に某ヴィジュアル系バンド

にとても夢中になっていたのですが、

雑誌、コンサート会場にあるグッズ類、

CDなど色々なものを、手元用と保存用

にとそれぞれ1部ずつ購入していました。


今考えると、あり得ない買い方して

いましたね(^_^;)


しかし、それも結婚を機に全て

「なんでも構わず断捨離」しようと

していたところ、全然断捨離しない

「もったいない」が口癖の主人から

「えっ、もったいないよ。俺が少し預かる

よ」と言われ、1/10くらいだけイヤイヤ

ながら新居に持っていくことに・・・。

残りは実家に残しておきました。 

そしてそれから○○年が経ち・・・

自営になってから主人が突然売ろうよと

言い出しました。

私は「えー売れないんじゃ」と思いつつも

ネットで主人が売ってみたところ。

・・・ビックリする位の価格で売れまし

た!! 

気をよくした私は、実家に残しておいた

グッズなどを売ろうとして、

母に電話をし、

「まだ○○のグッズある?」と聞きました

が・・母「えっ、いらないと思って

とっくに捨てちゃったわよ」と、

あっさり言われました。

私になんの相談もなく

・・・私以上に高速断捨離の母。

そういえば実家に帰って見渡しても

私のものって何かあるのかな?(笑)


・・・でも私も昔は主人のものをよく

こっそり捨てていたなぁ(笑)


主人は、グッズや会報などの売り時を

見ていたようです。

私が、「なんでも構わず断捨離」から

「考える断捨離」にすすめたのは、

もったいながりの主人の影響ですね。


主人からは「オレが断捨離できるのも、

あなたと居て断捨離の必要性を教えて

もらったからかもね」と言われます(笑)

もったいながりだった主人が、

私以上の断捨離人間になれたのは

私のおかげかな

札幌への引っ越しを通して、現時点では

二人とも断捨離をやりきった状態で

移住することになったと思います。

私達夫婦の断捨離も、進化してきて

いるかな(^^)


最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

posted by SJ at 10:29| 〇移住ノウハウ