2017年07月24日

北大、大野池の睡蓮。朝開いて、午後閉じる。2・3回繰り返したあと、枯れて沈んでしまう。

IMG_20170722_102828.jpg

IMG_20170721_105705.jpg

IMG_20170721_110558.jpg

IMG_20170723_153933.jpg

IMG_20170723_153805.jpg

こんにちは、セミリタイア夫婦(夫)です。

北大の大野池へ、

睡蓮の花を観に度々訪れています。

午前に訪れたときには、

白とピンクの花が

開いて、水面に浮かんでいました。

翌日の夕方に再び訪れたときには

花は閉じてしまっていました。


朝、花開いて、午後閉じる。

2、3日繰り返し

その後、枯れて沈んでしまう。


そんな、睡蓮を見ていると

命のはかなさを感じます。


人の時間軸からすると

花開く時間はとても短い。


そして、花の開閉の様子を見ていると

閉じている時との

ギャップからなのか、

開いているときは、

全力で花びらを広げているように

感じます。


モネは睡蓮に何を感じていたのでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとう

ございました。


posted by SJ at 08:51| 〇イベント&観光