2018年05月01日

スプリング・エフェメラルの一種、春の花エゾエンゴサク探しへ。


こんにちは、セミリタイア夫婦(夫)です。

早春に花を咲かせて、
落葉広葉樹林の葉が広がる頃には、
枯れてしまい、
その後は地中で過ごす
スプリング・エフェメラル。

スプリング・エフェメラルを訳すると、
「春のはかないもの」といい
「春の妖精」とも呼ばれている。

落葉した森林内で、
まだ木々の葉が出ない
明るい内に花を咲かせ、
光のある間に光合成を行い、
栄養分を地下に蓄える。
花を咲かすのは、短期間。
1年の内、多くの時間を地下で過ごす。

前半働いて、後半休むという点で、
スプリング・エフェメラルは、
どこかセミリタイア的?

その内の一種、
エゾエンゴサクを探そうと思い立つ。

エゾエンゴサクは、
北海道から東北地方の日本海側に分布。

札幌市内で見ることができる場所を
いろいろと探している内に、
円山公園でも見ることができるかも!

そんな訳で、
円山公園内でエゾエンゴサク探しスタート。

開花時期が過ぎてしまったかもと
疑心暗鬼になりながらも散策していたところ
咲いていました。

IMG_20180430_132807.jpg

IMG_20180430_133054.jpg

IMG_20180430_132535.jpg

青や紫、珍しい白も咲いていました。

IMG_20180430_132614.jpg

IMG_20180430_132553.jpg

IMG_20180430_132640.jpg

IMG_20180430_132724.jpg


最後まで読んでいただきありがとう

ございました。


posted by SJ at 11:45| 〇イベント&観光