2018年11月12日

北海道移住後、二度目の秋に地震にあい、二度目の冬には132年ぶりに雪が降らない。


こんにちは、セミリタイア夫婦(夫)です。

11月上旬までに、北海道内のどの観測地点でも初雪の観測がされなかったのは、1886年から132年ぶりとのこと。
北海道移住後、二度目の冬を迎えることになる。
エルニーニョで今年は暖冬との話も。
1年前は、今と比べて随分厚着だった。
今年の方が、暖かいからだと思うが、二度目の冬となるので、寒さに対する耐性ができてきた面もあるのだろうか?
灯油価格も高いし、電力の使用も節約して欲しいようなので、しばらくこの暖かさが続くといいな。

木々や動物たちは、どう感じているのだろうか?
冬への準備はゆっくり進めていけるとホッとしているのだろうか?
人とおなじように暖かい冬の方が寒い冬よりうれしいのだろうか?
それともすでに準備ができているから早く寒くなって欲しいと願っているのだろうか?

まだ、木々の中には色づいた葉が残っているものもある。
葉が雪にまだ隠されていないため、もう少し、紅葉も楽しめそうなので、散歩をしながら、様子をうかがってみようと思う。

posted by SJ at 13:03| 〇札幌移住