2018年09月09日

地震が来る前から用意していた、我が家のローリングストック。

こんにちは、ゆなです。

私達は、東日本大震災の経験から

食料品、日用品のローリングストックを

しています。


IMG_20180908_173708.jpg

IMG_20180908_173750.jpg

IMG_20180908_174443.jpg

その一部を写真で載せます。

ミネラルウォーターについては、

以前に記事で書いたように飲料水として

使用しているため、ある程度の在庫は

あります。


食料品は、写真の倍くらいの在庫と、

他に基本的な調味料のストックがあります。

そのまま食べれるもの、お湯が沸けば

作れるもの、水で戻せば食べれるものを

中心に。開封後の為、写真にはありま

せんが、そのままで食べれる焼き海苔も

ストックしています。

米は常に2ヶ月〜3ヶ月分の玄米や白米が

あります。


日用品は、写真のほかにはサランラップ、

ビニール袋やごみ袋、キッチンペーパー

やウエットティッシュや生理用品、

ジップロックなどストックしています。


ローリングストックは、言葉通りストック

(備蓄)をローリング(回転)すること。

備蓄した食品を定期的に消費し、食べた分

だけ買い足していく方法です。


ローリングストック法は、日常的に

使用しているものであるので、続け

やすいと思います。

東日本大震災以降、ローリングストックを

続けていますが、期限切れで廃棄したこと

はありません。


今回の地震では、写真の芋けんぴのみ

食べました。

あとは、飲んでしまい在庫がないのですが、

光食品さんの有機野菜ジュースも

ストックしています。


ちなみに東日本大震災後は、家のスペースも

今より広かった為、写真の5倍くらいの在庫

をもっていましたが、札幌に移住する時に

地震リスクが低くなると思っていたので、

在庫量は大きく減らしました。

でも大きな地震がこないと言われていた

けれど、きてしまいました。


部屋の大きさが、小さいスペースになった

こともありますが、このくらいのストック

で、私は今は十分かなと思います。


最後までお読みいただき、

ありがとうございました。